ハロウィン 仮装 コスチューム

下川耿史『盆踊り 乱交の民俗学』では、1521年(大永元年)における風流踊り(盆踊りの原型の一つ)の文書から、男性の踊り手たちが女性の着る小袖を腰巻き代わりにした、統一された姿で踊っていたことに着目しています。先の『青森ねぶた誌 増補版』では、古老から聞いた話として、戦前にはむしろハネトよりもバケトの方が多かったという証言も紹介されています。魔女のキキの衣装は、キャラクター編でご紹介しているもので充分です。

グッと時代は下りますが、昭和期の東京都中央区佃島の盆踊りの写真を見ると、近現代の仮装踊りの様子が見えてきます。近年では日本でもすっかり定着し、年々盛り上がりを見せるハロウィン。 いろいろな文献を見ていくと、日本が近代化して以降は、この「仮装文化」がより多彩なものへと変化を遂げていった節が感じられます。家庭でホームパーティーをする際の壁飾りや、仮装などのアイテムとしておすすめなのが、コウモリ型のバルーンです。

さらに大きなお子さんで、仮装なんて恥ずかしい!漢字で書くとおそらく「化け人」で、変装を凝らしたハネトのことを指します。昔ほどの勢いはないのかもしれませんが、現在でも佃島の盆踊りには、この仮装踊りの文化が引き継がれています。仮装踊りの基本は男装・女装!仮装文化の原点とも言えそうな「男装女装」の風流精神が、その後の盆踊りや、ねぶた祭りといったものに引き継がれているということかもしれません。渋谷のハロウィン騒ぎと、お祭りの仮装文化を一緒にすることはできませんが、若者たちがコスプレをしてバカ騒ぎをしたり、その騒動を見たさに人が集まったり、騒ぎすぎて取り締まられたりしている様子、なにより「風流」の精神は通じるところがあるのではないのでしょうか。

また、聴診器などの小物も一緒に買えるのが、また便利です。 「又た此踊りには異様異態な変装をして出るものもありそれが見物の興味を惹くのである。 「見物」というフレーズがポイントです。 まだ自分でもその歴史を把握していないのですが、イコールではないとはいえ、ハロウィンのコスプレ文化と、盆踊りの仮装踊り文化は、かなり多くの共通点を見出すことができそうです。大昔の仮装踊りと、現代の仮装踊りを比較してみて感じるのは、以前のような身分を隠したり、色恋のきっかけにしたり、死者を降臨させるといった意味合いは薄れ、より純粋に「仮装」という行為を楽しんでいるという、人々の態度の変化です。

その他の興味深い詳細ハロウィン 衣装 子供は、当社のウェブサイト上で見つけることができます。

A lire également